コロナ感染・息子のその後

息子がコロナに感染し、療養解除されてから

1ヶ月が経ちました。

今の所、心配されている後遺症もなく

元気みたいです。

タバコを吸ってるようなので

これを機会に辞めてほしい。と思う母です。

職場では、コロナ君と有名になり、

知らなかった人にまで声をかけられ

イジられてるみたいやけど

凹むタイプではなく、笑いに変えて

楽しくやってるようです。

お正月は、帰って来たけど

パパのお墓参りだけ行ってくる。と言い

じーじやばーばに会うのは止めました。

そんな、息子が先日 パパになりました。

予定日より10日程遅れ、無事に女の子が誕生。

息子には、絶対に女の子、と思ってたので

嬉しいです。

息子が歳を取った時

女の子なら世話をしてくれるかな。と

息子の老後まで心配してしまいます。

同じことを、婿殿のお母さんも言ってるらしくて

ほんまに一緒!!

息子は、いつまで経っても心配なんやな。と

娘に笑われています。

息子のコロナ陽性までの経過を書いておきます。

1日目 夜に高熱38℃

2日目 保健所へ連絡・クリニック受診

     夕方に熱下がる。

3日目 平熱 午前PCR検査 午後 陽性と判明 

4日目 平熱 自宅療養 保健所から1日に1回電話

   夜9時にホテル療養が決まったと保健所より電話

5日目 平熱 午後 ホテルへ移動・ホテル療養開始

   咳と鼻詰まり

6日目 平熱 咳 この日は電話向こうでも咳き込む

7日目~11日目 平熱 喉の痛みと

咳と鼻詰まりはありって感じでした。

12日目 平熱 午後 ホテル療養解除・夕方 自費でPCR検査

13日目 夕方、PCR検査 陰性

こんな流れです。

熱もすぐに下がっているので

お嫁ちゃんが妊婦じゃなければ

病院へ行ってないと思うし

しつこくPCR検査したい。と

お願いもしてないと思います。

前の記事

じーじとドル

次の記事

みやもと・阪南市