拉致被害者

拉致被害者家族連絡会の初代代表を務めていた

横田めぐみさんのお父様が先日亡くなられました。

そのニュースを見るたび、心が痛くなっています。

生きているうちに再会できていたら

どれ程嬉しかったのかなぁ、、、、と思ってね。

拉致のことが気になり、知りたくて

何年か前に、大阪高島屋で開かれていた

横田めぐみさん写真展へ1人で行った事があります。

それまで、ほんの一部しか知らなかった拉致のことが

色々分かり、こんな平和な日本で

こんな事があったというショックと

自分と同じ歳のめぐみさんが、どんな思いで北朝鮮で

生活してたのかな、と思うと

写真を見ながら、涙、涙 で

こんな事が起きていいのか、という怒りと

今まで、この事件に無関心でいた自分を

すごい反省したのを覚えています。

早く拉致問題が解決することを

祈ってましたが、何の進展もないまま

月日だけが過ぎてる感じです。

小泉首相時代、拉致被害者の方が帰国しましたが、

あの時、官房長官だったのが安倍さんでした。

拉致被害者の方々を近くで見守っていた安倍さんが

総理大臣になり急速に拉致問題が解決するかもと

期待してたんやけどね。

早く、拉致問題が解決して、めぐみさんが

お母さんと再会できる日が来ることを

心から願っています。

前の記事

安田記念・・・予想外れ

次の記事

NY株急落・・・・・