孫の絵本『ふくびき』

先日、娘から『ふくびき』っていう絵本を

涙を流しながら読んだって話を聞きました。

孫が図書館で借りた絵本の中の一冊のようです。

読み聞かせながら泣いた娘・・・・・

婿殿も同じように涙したという絵本。

娘がその絵本を持って帰ってきてくれました。

読んだことある人いますか。

言葉が関西弁で書かれているので、ほっこりさせられ

本当にグッと来るものがありました。

孫が自分で選んだ絵本の中の一冊の中に

こんなに感動させてもらえる絵本があるなんて

ビックリです。 

読み聞かせっていいなぁ・・・と思えました。

私は、それほど読んであげてないので

反省なんやけど

娘は、3歳までの一万冊は無理やったけど、と言いながら

孫も絵本が好きなので、毎日読んでるようです。

婿殿ママが絵本の定期購読をプレゼントしてくれたので

小学校になるまで、

毎月、月齢にあった絵本が届くというのもあり

娘が、これ便利やで、と教えてくれたのが

読んだ絵本を管理でき、読んだ回数も分かるという、

『ミーテ』というアプリです。

絵本の後ろにあるバーコードを読み取ると

絵本が記録されるシステムらしいです。

娘が、私の為に説明してくれました。

こんな風に読み取るだけで

今までに読んだ絵本が一覧で出てくるそうです。

姉妹ごとに、登録もできるそうです。

凄い時代がやってきたな。って感じです。

三連休は、娘と孫が帰って来てるので

ドルにとっては辛い毎日です。

前の記事

中村屋のコロッケ

次の記事

UFOキャッチャー