ドルの様子がおかしく慌てる②

時間と共に、歩くのも辛そう・・・・

抱っこしてると落ち着くのか静か

羽毛布団で沈み込んで寝るのが好きなドルの為に

羽毛布団を2枚重ねて、毛布を掛けてドルを寝かせてみました。

静かに寝てるけど、いつもの元気はなし。

息してるのか心配になり、ずっと身体を擦ったり、

頭を撫でたり・・・・

娘にLINEで報告すると、(娘は看護師)

浮腫みは?咳は?よだれは?吐いてる?ゲッぷは?

胸触ってみて?など 次から次へ指示が来るけど

どれも該当せず。

寝込む前に、こんな格好してた。というと

お腹パンパン違う?と聞かれたんやけど、

ドルのこの状況に焦ってるし、

いつもと どう違うのか分からず。

娘は、風邪でも心臓でも腎臓でもなさそうやし、

お腹になんか詰まってるんか、

脊柱炎か関節炎かな、病院へ連れて行って。と言う。

それは分かってるけど、明日の朝 息してなかったら

どうするん。と怖くて、不安で眠れない。

たまに、『クゥーン』となくドル。

どこが痛いのか分からず辛い。

3時頃まで背中を擦ったり、頭を撫でてたんやけど

いつの間にか寝てしまい、気付いたら朝・・・・

ドルは?と 見ると 昨日と変わらず元気ない顔。

ところが、じーじがいつもの時間に来ると

立ち上がり尻尾を振ってじーじを迎えに行く。

どこにそんな元気があったん?とビックリした。

でも、そのあとは、動けなくなり抱っこ。

ドルのこの状況に、じーじも不安そう。

『じーも一緒に病院付いて行ってあげるからな。」と

話かけてる。

朝になり、同じ体制で寝るのも辛いかなぁ。と

布団からドルのハウスへ移動させてあげたらこんな感じ。

顎を載せてぐったりしてるドル・・・・

ドルはじーじに任せて、いつもの獣医さんへ順番を取に向かう事にします。

次の記事

動物病院へ