動物病院へ

じーじをドルを任せて

朝から順番を取に動物病院へ

8時半から順番カードが表に出るので

一番のカードを狙い7時半に向かいました。

さすがに、一時間も前なので誰もきてません。

8時を過ぎた頃から、人が増えました。

私は無事に一番をゲットし、ドルを連れに家に戻り

じーじと一緒に診察へ向かいました。

入院になるかな。帰れたらいいのにな、と話をしながら・・・・・

ドルは、たまに震えながら、ぐったりしています。

9時になり、いよいよ診察です。

診察室に入り、昨日からの様子を説明しました。

体温を測ってくれたけども、熱はなし、

便から腸内細菌の検査をしてくれたけども問題なし。

骨・関節の異常も問題なし。

昨日のこの写真を観てもらうと、

この体勢を取る時は、お腹が痛い時が多いということでした。

(遊んでほしい時じゃない場合)

そして、聴診器をあて見てくれたのですが、

お腹の辺がゴロゴロ鳴っている。ということでした。

ガスがたまってる事も考えられるけど、

触った所は、大したことはないので、心配ないですよ。との

言ってくれました。

生きるか・・・死ぬか・・・・を

想像してたので、心の底からホッとしました。

とりあえず、今日は、即効性のある整腸剤と抗生剤?の

注射をしてくれお薬が出ました。

すぐに効くのかな、と思ってたけど

家に着くころには、すっかり元気になっていました。

歩いてじーじの所へ行っています。 良かったです。

先生に感謝です。

本当に優しくて丁寧な先生で、看護師さんもみんな優しいです。

私が、カイロを持って順番を待ってる時に

先生、自ら入院中のワンちゃんの散歩へ行っていました。

片手に大きい水を入れたペットボトルを持って。

前脚に包帯を巻いたワンちゃん、嬉しそうでした。

他のワンちゃんのママさんたちも

先生が優しいので来ていると言われてました。

近くの方にはお勧めの病院です。