中山寺で七五三と西国三十三所の御朱印を頂く

先日、孫の七五三のお参りへ行ってきました。

婿殿の実家が近いのと、二人目の赤ちゃんを授かったので

腹帯をもらいに行くことも兼ねて、『中山観音』へ行ってきました。

現地で待ち合わせという事だったので、

早目に行き、西国33ヶ所巡りの御朱印帳とおいずるに御朱印を頂きました。



これはおいずるです。

西国33ヶ所すべての御朱印を頂き満願した分を

亡くなった人の棺に入れると、極楽浄土へ行けると言われているようです。

夫が亡くなった時に、2枚のおいずるを頂いたので、

私も、いつかお返ししたなぁ。。。と始めたのですが、

もうちょっと、時間がかかりそうです。

御朱印のあと、娘の腹帯も頂きました。

7000円と20000円がありましたが、私は7000円の分にしました。

頂いた腹帯に女の子と書かれていたら『男の子』が産まれる。という

ジンクスがありますが、

娘の場合は、一人目は 『女』と書かれていて 女の子でした。

今回は、『男』と書かれていましたが、性別は分かっていません。

これとは別に、御祈祷してくれたお守りをあとで郵送してくれます。

そうこうしているうちに、娘夫婦と、向こうの御両親も合流

みんなで、七五三の御祈祷を受けてきました。

七五三の御祈祷は 5000円でした。

孫の着物は、スタジオアリスで借りています。

写真は前撮りしているので、今日は撮影は無です。

アリスは、いろんな所であるので、京都で前撮りをして

宝塚店で着付けとセットをやってくれたようです。

なんとも便利なシステムです。

西国巡りでは、高台にあるお寺さんにお参りするのが大変ですが、

中山寺には、エレベーターが備えつけられていてビックリしました。

エスカレーターもありました。。

お参りの後は、宝塚の『但馬屋』でランチを御馳走になり

帰ってきました。

七五三、孫ちゃん1人に、パパとママ、両家のじーじ、ばーば、と

みんなでお参りに来られている方が多くてビックリしました。

うちもなんやけどね。。。。

いつも読んでいただきありがとうございます。