じーじとドル。

何の楽しみもないじーじに取って

ドルは生きがい。。。(多分)

可愛いドルの為に毎日散歩に来てくれるんやけど、

ドルに対する愛情が深すぎる。

すべてがドル目線なので、困ることばかり・・・・

私がドルにリードを付けていると、

『服を着せてる分 リードを緩めてあげてや、キツキツは苦しいからな。』と 注文を付けられ。

脚の調子が悪かった時には、

『靴を買うてあげな可哀想やで。』と言われる。

孫よりドルのじーじ。

まだ暑い頃から、『朝晩は寒いから服を着せてあげてくれ。』と、しつこく言われ

もぉー、うるさいな。と着せたら着せたで、

『フードある服は、フードの重みがしんどいやろ。』と言う。

いっつも 最後に、『なぁー、ドル。』と付けて。

考えることがあるので、ボケないじーじ。

犬には、こんなに思いやりがあるんやけど、

ばーばとは喧嘩ばかり、人間の心には寄り添えないじーじです。

昨日は、お天気やのに脚を汚して帰って来たドル・・・・・

玄関で脚を拭いても、それだけでは汚れが取れず、そのあとベッドに飛び乗りシーツを

汚してる。

どうやら水たまりを歩いたらしいんやけど。

私   『どこで、こんなドロドロにしてきたん。』

ドル  『申し訳なさそうな顔』

じーじ 『そんなもん、洗ろたらしまいやろ。』 

私   『なんで、わざわざ水たまりを歩かすん。』

じーじ 『そんなもん、行きたがるのにしゃーない。』

耳が遠いのに、私の怒ってる声はよく聞こえるのか、反論する。

じーじとドルの日常は、こんな感じです。