じーじとドル

お年寄りに、ドックセラピーは効果あると思う毎日です。

毎日、ドルの散歩に来てくれるじーじ。

娘よりも孫よりも、じーじが大好きなドル。

自分の運動になるから。と 私が仕事へ行って留守の昼間に散歩にきてくれてましたが、

最近では、ドルが気になり、首を長くして待ってたら可哀想やから。と、散歩時間がドンドン早くなり

今朝は6時半に来てくれました。 

玄関のドアが開く前から ドルはワンワン鳴いています。

玄関の扉が開く頃には、興奮もマックスです!! じーじも大喜び(たぶん)

『待っとったんか。』と 言いながら1時間程散歩へ連れて行ってくれます。

帰ってきてから、コーヒーを飲んだり、朝から焼酎を飲んで、

昼前まで、ゴロゴロして帰るのが最近の日課のようです。

散歩から帰ってくると、 じーじの側から離れません

なんか、おやつをくれるのを待ってます。

今日は、用事があり、昼頃までゆっくり過ごせないというじーじがドルに話かけてます。

『今日は、じーは、ゆっくりできへんから、帰るで。』

『昼、留守番せなアカンけど、寝とくんやで。』『明日また、じーは来るからな。』と

それだけでも、笑えるんやけど、そのあと

『ずっと側で飼い主がおっても、遊んでもらわれへん犬もいるんやで。』

『ドルは、もう十分散歩も行ったし、相手してもらえたし幸せな方なんやで。』

「賢くしときや。』 と ドルは分かってるのかどうか、じーじの近くに座って聞いてました。

耳が遠いから、人間との会話は不便なじーじやけど、ワン子との会話は一方通行なので、成り立ちます。

この夏、どれだけ猛暑でも、毎日 散歩へ来てくれたじーじ。すごいと思う。

ドルの為なら、脚を引きずりながらでも やってきてくれました。

ドルの為に、長生きしてほしいと思います。