たまに考える墓じまいのこと

死別した当初(20年前)は、いつかは

二人だけでゆっくりお墓に入りたい。と考えて

市の公園墓地を購入しました。

当時の値段で140万

買ったものの、お墓は建てずにそのまま更地です。

私が亡くなった時に、その分のお金を残しておくので

お墓を建てて、パパのお骨と一緒に中に入れてほしい。と

子供にお願いしていました。

パパのお骨は、すでに亡くなっていた義父のお墓の中に

入れてもらっています。

それなら、ずっとそれでいいやん。と思われる方もいると思いますが

自分が亡くなってから気を遣うのが嫌で、二人だけで静かにお墓に入りたい。と

強い気持ちがありました。

でもね、月日が過ぎると考えも変わってきました。

お墓があると、子どもに迷惑をかけてしまうな。と思い始め

墓じまいを考えています。

遺骨をお墓とかに入れずに

大阪にある『一心寺』さんにでも納骨してくれたらいいかな。と思っています。

それで、市役所の公園墓地課へ相談に行ってきました。

140万程で購入した公園墓地を処分するとどうなるのかな、と

墓地はそのままあるのでね。

すると、ビックリです。

140万で買った土地が今、売ると20万ぐらいということでした。

あと数年すると、無償で引き取りますよ。という事らしいです。

えっーー!! なんて事!!!

公園墓地の中でも、良い場所にあるんです。

水道が近くにあり、車から降りて数歩で行けます。

それやのに、、、、

もっと早くに考えておけば良かったな。

担当の人は優しくて

売っても損をするだけなので、置いておくことをお勧めします。と言ってくれました。

うーん。

置いててどうなるの。って感じです。