横断歩道で転倒、骨折しなくて良かった。

仕事帰りに、横断道のくぼみに足を取られ転倒。

あっ、と思ってから転倒するまであっという間のことですが・・・・

私の頭の中では、スローモーション

このままでは危ない、あー、どうしょう。と思いながらも体勢を立て直せずに転倒

歩行者の信号は青。車は赤で停止

転んで恥ずかしい気持ちもあるけど、

早く渡り切らなければ車が来る・・・と起き上がる。

必死で起きて、渡り切ると

小学生の女の子が、『大丈夫ですか。』と声を掛けて

くれたのです。

その優しさに、有難くで涙が出そうになりました。

ありがとう、大丈夫みたい、と言いながら

自分の体感の弱さと足腰の弱さが情けなくなりました。

これで、骨折してたら洒落にならへんよな。

骨折せずに良かった。と どこまでもプラス思考の私。

これが10年後なら、

いや、今度転んだら、骨折してるかも・・・・

若いときとは違うので、気をつけようと思った

昨日の出来事・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です