父の通院

父の通院の付き添い、今年84歳 元気な方です。

胃がん、大腸がん、膀胱がんとしていますが、毎日 ドルの散歩に我が家に来てくれます。うちまで歩いて20分。

散歩へ1時間程行ってくれ、ちょっと休憩しドルと遊んでくれ、

また20分かけて帰って行きます。雨でも雪、猛暑でもきてくれます。

行ってあげないと。という使命感がすごい。

おひとりさまの私にとっても愛犬は癒しですが、じいじにとっても

ドルは癒しです。歳を取り耳が遠くなり、人とは意思疎通が難しいですが

ワンコとは一方通行の会話で成り立ちます。

そんなじいじが、足が浮腫んで靴を履いて散歩へ行けないというので

大きい病院でいろいろ検査をしてもらいました。

もう高齢なので、仕方ないのかもわかりませんが、慢性心不全という診察でした。

元々高血圧もあるので、

塩分を控えて、減塩に心がけるようにと言われました。

もう、84歳、、、好きな物を食べて 好きに生きたらいいかなぁ・・・と

思ったりしますが、じいじが居なくなると散歩にも行ってもらえないので

とりあえず、もぅちょっと長生きしてほしいな。と思っています。

ドルを想う気持ちは、私の次かな。と思う程 寄り添ってくれています。

帰り、ランチの時間もとっくり過ぎていていたので、王将へ寄りました。

久しぶりにがっつりのランチでした。

晩御飯は抜きでよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

パンの耳で簡単ラスク

次の記事

お墓参り