御朱印帳と笈摺

私の西国三十三箇所の納経帳と笈摺(おいずる)

一番札所の青岸渡寺で購入したのが、随分前です。

夫が亡くなった時に、天国へ行けるようにと、棺の中においずるをいれてくれた方がいました。その時は、自分が悲しすぎて、その有り難さに気付きませんでしたが、

1枚で極楽往生できると言われているのに、若く亡くなった夫の為に、二人の人が納めてくれたのでした。

大変な思いをして満願したおいずるを頂いたので、私もいつか

誰かのために、お返しできればいいなぁと始めたのですが、

時間がかかっています。やっとゴールが見えてきたかなぁ・・・・・

のんびり行こうと思います。

去年、西国三十三所草創1300年だったそうで、余っているのでと『特別散華』も

頂きました。